マットを貼っては剥がされカジられる「まろ」との『マット戦争』、「愛犬の床」で決着!

☆ 愛犬  まろ ポメラニアン 2才 ♀
「愛犬の床」

我が家の三女として今やすっかり家族の中心、毎日、家族を癒してくれています♪

娘二人の強い希望で、新しい家族として2年半前に初めて我が家にやってきたのが、ポメラニアンの「まろ」です。我が家の三女として今やすっかり家族の中心となり、

毎日、我々家族を癒してくれています。家族は皆、帰宅すると真っ先に「まろ」の元に駆け寄り、思い切りスキンシップをするのがお決まりの行動です。

また、 「まろ」の話題で家族同士の会話も自然と増え、ワンコ1匹の「まろ」効果の大きさに驚いています。「まろ」が我が家に来るまでは、

家族全員で行動する機会も皆無でしたが、 「まろ」が来てからは、 「まろ」と旅行する、通称「まろ旅行」が家族全員の楽しみとなって、

今では年に数回の定期的な家族行事として定着しています。「まろ」がいなければ、成人前後の年齢となった娘たちとともに家族旅行することなど、

おそらく無かったと思うので、 「まろ」にはとても感謝しています。我が家にとって、「まろ」はかけがえのない存在であり、家族みんなから深く愛されています。

生まれつきもった膝蓋骨脱臼の障害、生後7ケ月で入院して手術・・・

「まろ」は、生まれつき左後足の関節に膝蓋骨脱臼の障害があり、成犬になった頃から歩行に影響が出始めたため、生後7ケ月で入院して手術を受けました。

その際、右後足にも同様の兆候が認められ、悪化すれば将来的に手術をする可能性があると診断され、フローリングが小型犬の関節にとって負担が大きいと言われました。

このため、全室フローリングの4LDKのマンションである我が家で、 「まろ」が二度と大変な手術を受けることなく、

関節の負担の少ない生活をしていくためには、どうすればよいのかということを考えなければなりませんでした。

マットを貼っては剥がされる、「まろ」との戦い『マット戦争』が繰り返される毎日

少しでも「まろ」の膝の負担を軽減できればという思いから、まず最初に行ったのは、ジョイントタイプのクッション性マットをフローリングの床に敷き詰めることでした。

それによって滑ることは無くなりましたが、家具等があるので床面全体に敷き詰めることはできず、 「まろ」の動線を主体とした部分のみであったため、その効果は限定的なものでした。

クッション性マットは分厚くて室内の美観的には今一つでしたが、 「まろ」の関節のためならやむを得ないと納得し、

これで一安心と思っていたら、そのうち「まろ」がマットのジョイント用の凹凸部分を噛みちぎって食べてしまうようになりました(ジョイントされていない外周部は凹凸部が露出しているため)。

そうするうちに、毎日のようにマットの断片が便に混じるようになったため、別な方法をと考え次に行ったのは、床面に固定できる吸着型のマットを敷くことでした。

吸着型マットはクッション性マットより薄くて段差がなく美観上も改善し、表面がカーペット地なのでより一層滑ることがなくなり、

さらには床に吸着しているから食べられることもないだろうと、今度こそと期待しましたが、 「まろ」は器用に前足で吸着マットを剥がして、

やはりこれも角の部分を食べてしまうようになりました。もうこうなると、他に有効な手段は見当たらず、マットを貼っては剥がされるという「まろ」との戦い『マット戦争』が繰り返される毎日でした。

専門会社としてのノウハウの蓄積の豊富さ、「愛犬の床」というネーミングに惹かれて!

「まろ」との『マット戦争』に苦戦し、家庭内に敗北ムードが漂い始めて途方に暮れていた頃、動物病院で見つけたのがS社のシリコン・コーティングのパンフレットでした。

そのパンフレットをきっかけに、価格や効果はどうなのか、競合他社の商品はどうなのか等々、実際に施工した愛犬家の方のブログ等を参考にしつつネットで調べていく中で、

最終的に「愛犬の床」が良さそうだとの結論に至りました。

「愛犬の床」というストレートなネーミングに惹かれたところもありますが、コーティングの専門会社としてノウハウの蓄積が豊富で、

その会社が愛犬に特化した商品を提供しているということ、そして何よりも施工から20年間という業界最長の保証があるという点が決定打となりました。

「まろ」を迎えるまでは、市販のワックスを自分自身で塗布していましたが、

「愛犬の床」施工後は、 ワックスがけが二度と不要ということで、あの重労働からも解放されるというのも大きなポイントでした。

毎月ランチ1回分の金額で、 「まろ」の関節の保護とワックス掛けからの解放が手に入ります!

我が家はリビング、キッチン及び廊下の全面を施工しました。その費用は1年間当たり1万円余り、月額に換算すると1, 000円にも満たないと考え施工に迷いはありませんでした。

毎月ランチ1回分の金額で、 「まろ」の関節の保護とワックスがけからの解放を2 0年間に渡り手に入れることができるわけですから、

もう言うこと無しです。とは言え、実際に施工が完了するまではその効果については、正直なところ半信半疑でした。しかし、

施工後のフローリングは、黒ずみ等の汚れもすべて取り除かれて新築時以上の光沢に仕上がり、細かい所まで丁寧にコーティングされ、

非常に満足できる誠実かつ的確な施工で、期待以上のものでした。そして、その美しいフローリングを、

「まろ」が何の不安もなく元気に走り回る姿を見て、家族の誰もが「本当にやって良かった」と思いながら、

「まろ」とのマット戦争の日々を振り返り、 「もっと早くやればよかった。」と痛感したのは言うまでもありません。

ただ一つだけ大変だったのは、施工に際して室内にある家具類(テレビボード、ダイニングテーブル、ソファ、パソコンデスク等)を全て他の場所-移動させなければならないことでした。

新築で入居前の施工ではないので致し方ないのですが、この作業が最大の課題であり、重労働でした。

ただそれも、大きなメリットを手に入れた今となっては良い想い出であり、施工後直後にはフローリングの美しさに感動し、その苦労も吹き飛びました。

我が家では、大型家具はバルコニーに移動させる以外に手段が無く、雨天時には家具類が濡れてしまうため、

その場合は施工を延期するという条件で施工の手配をしていただきましたが、そのような要求にも柔軟に対応していただき助かりました。

資料請求から、見積り、申込までメールによるやり取りでスムーズに進み、事前の現場確認では部分的な試し塗りにより施工の可否を判断する等、

一連の手続きにおける対応も問題なく、安心して任せられる信頼できる会社だと思います。施工して損は無いと思いますので、

ワンコの関節の負担軽減を考えておられる飼い主の皆様には検討をお勧めします!
「愛犬の床」