1 4 5 6

一条工務店さま お施主様は水戸市の方です。

濃い茶色のフローリング~(施工前)

IMG00502

いい感じで光沢も上がって~(施工後)

こんな感じになります。

IMG00511

ダイニングに映える

木質のキッチンカウンターも~

IMG00506

IMG00510

テカテカになっただけじゃなく機能性もアップしました。

 

ちなみに今回の施工は、

ワンちゃんと一緒に生活する為に

ペット仕様の機能も含んでおります。

目黒区の〇〇大学付属高校校舎さんの体育館床

多摩大目黒高校_01

築20年以上ののご覧の通りの限りなく黒に近い

こげ茶色の床です。

 

削ってみました!

多摩大目黒高校_02

見違えますでしょう?

全く違う床に様変わりです。

これでも、

実は、

0.8ミリだけしか削っていません。

床の風合いを残しつつ

多摩大目黒高校_03

高耐久に保護をするために

UVコーティングを施しました。

床の張替リフォームより格段に安く

更に寿命を延ばすことになります。

 

古くなった床は、張り替え工事によって新しくするものだという

認識が一般的だと思いますが、

実は、エコプロコートは新築だけでなく、長年経て傷んだフローリングを、

新品のように美しくよみがえらせることも、得意です。

 

フローリング日焼け

これは、実際のお客さまのお家のフローリング。

築20年以上、フローリングワックスを毎年、

ご自身でていねいに塗られてきた床ですが、

直射日光の当たる場所は、特に日焼けによる劣化が顕著です。

張替え以外の良い方法は無いかと模索され、

フロアコーティングでも特に難しい施工になるだろうとのことで、

エコプロコートにご相談をくださいました。

 

フローリングワックス剥離

写真左のガムのような物体が、フローリングに固着していたワックス。

写真右の中心のきれいな四方が、ワックスを剥がした部分。

塗り固められたワックスを剥がすと、こんなにきれいな地が出てきます。

しかし、このように

「フローリングを傷めずに、長年に渡って固着したワックスを剥がす」

…ことは、実はたいへんに難しく、エコプロコートの真髄のひとつでもあります。
長年のワックスがけによって、フローリングがだいぶ弱っているため、

通常のフロアコーティング施工では、しっかりとした保護膜ができません。

そこで今回は「トップコートを2層に塗る」方法を、採ることにしました。

 

リビングのUVフロアコーティング施工前後

キッチンのUVフロアコーティング施工前後

上段はリビング、下段はキッチン。

それぞれ左側がビフォー、右側がエコプロコート後のアフターです。

とてもきれいなフローリングに、見事よみがえりました。

もちろん、床の張り替え工事よりずっとお安く済みましたし、

お施主さまもたいへんにお喜びになられ、良い仕事を納めることができました。

良く「お客様」より

UVコーティングはピカピカだよね~

と言われます。

確かに他の種類の床コーティングと比べれば

光沢度は高いです。

勿論、光沢が大好き!ピカピカが好きな方は

全く問題ないのですが…

 

光沢が嫌いな方、ピカピカが嫌な方は

困ってしまいます。

UVコーティングは耐久性や品質は群を抜いて

「素晴らしい」が

光沢は嫌いだから悩んでしまう~

 

ちなみに私も

ピカピカは大嫌いなほうで

貴金属でも「金」だったら「銀」でマットな色合いを

選んでしますタイプですが

 

住んでしまうと意外に「平気」!

正直、1週間は気になって、

気になって仕方が無かったが(笑)

特に濃い色目のフローリングじゃなかったら

少し住んでいれば気にならなくなってしまいます。

個人的な主観ですが…

 

ペットと共に暮らすようになって

丸5年にるのか~と

完全に家族と一員!と言うか一番末っ子の子供みたいなもんです。

本当の子供だったら成長と共に「生意気」になっていくものですが…

ペットはずっと子供のまんま

話しかける時も、自然に赤ちゃんに話しかけるみたいになり

恥ずかしくなったりも…

でも、子供と一緒で厳しく愛情を持って育てなきゃと思うこの頃です。

床の美観を損なわず、滑り効果やおしっこ対応のフロアコーティングで

これからも元気でいて下さい。

1 4 5 6