各種コーティングの特徴 | フローリング・フロアコーティングのことなら【エコプロコート】

catch13
ひとくちにフロアコーティングといっても、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。
代表的なコーティングの特徴をご紹介します。ワックスだけ、または何もしていないフローリングとも比較してみてください。

UVコーティング

高価だが、耐久年数・保護性能ともに優れる。施工技術の差が表れやすい。

総合的に見て、現在ある中でもっとも優れたフロアコーティングです。
摩耗、水分、薬品類など、あらゆる生活ダメージに対して弱点なく十分な耐性を持ち、さらに歩行に最適なグリップ性も発揮します。透明度の高い樹脂膜を形成するため、この技術はフロアコーティング以外のさまざまな分野・産業で活用されています。

ただし、費用はもっとも高額で、さらに施工に使用する機材もきわめて高額であるため、十分な経験を積んだ職人が少なく、施工会社・施工担当者の技量によって出来の差が大きく表れます。任せる相手を慎重に選ばなければならないフロアコーティングでもあります。

×
  • フローリング表面が、より美しく映える
  • 耐用年数がもっとも長く、長期耐久の実績もある
  • あらゆる生活ダメージに、総合的にもっとも強い
  • 施工技術・資機材の差が仕上がりに大きく表れる
  • 用いる塗料・資機材が高額

UV(紫外線照射)硬化とは?

UVコーティング以外のフロアコーティングは、空気中の水分に反応することで、およそ1~2週間ほどかけて徐々に硬化していきます。
一方、UVコーティングは専用の機械で光をあてることで瞬時に硬化する、「UV硬化」と呼ばれる技術と樹脂を使っています。
瞬時に硬化させることができるため、乾燥・硬化を待つ必要がありません。また、硬化率が高い(よりしっかりと反応し、あますところなく硬化する)ため、より強固な樹脂膜が形成できます。

※悪質な業者の手口のひとつに、「紫外線カット効果」をUVとだけ記すことで、UV(硬化)コーティングとの錯誤を狙う表現もあります。ご注意ください。

ガラスコーティング

薄膜で硬く、キズが目立ちにくいが、台所洗剤などで溶けてしまう。

比較的新しいフロアコーティングで、硬度が高く、また薄く低光沢の仕上がりになるため、キズがつきにくい・目立ちにくいという特徴があります。ただ、まだ歴史が浅いために、実際にどの程度の年数保つのかデータが少なく、耐用年数については判断しにくいのが現状です。

また、キッチンハイターなどに代表される塩素系の洗剤に弱く、溶けてしまうという弱点も持っているため、台所などへの施工は避けるか、施工する場合はこれらをこぼさないよう、注意が必要です。

なお、名前にはガラスと付いていますが、本当にガラスの膜が形成されるわけではなく、成分にケイ素を含むところからイメージ的にそうネーミングされたもので、実体は、シリコンコーティングと近しい樹脂の膜です。

×
  • 薄膜で硬く、キズが付きにくい・目立ちにくい
  • 施工に特別な機材が要らず、安価にあがる
  • 家庭用洗剤(塩素系)で溶けてしまう
  • 歴史が浅く、耐用年数に信頼性が低い

その他のフロアコーティング

シリコンコーティング

安く簡単に塗ることができ、見映えも良いが、早いうちから不具合が表れやすい。

技術的に比較的簡単に塗れることに加えて、豊かな光沢をたたえる見映えの良さから、かつて流行したフロアコーティングです。
反面、耐用年数に問題があり、きわめて早期に黄変(黄色く変色する)などの不具合の起きることが多く、そのうえ補修も非常に難しいために、現在では大手ほどこれを避け、取り扱わない傾向にあります。

×
  • 仕上がりの見映えが良い
  • 施工に特別な機材が要らず、安価
  • 耐用年数が低い
  • 補修の効かない、厄介な不具合を生じやすい

水性ウレタンコーティング

水ぶきをしたい人や、水性塗料しか使えない現場に。

水性ウレタンコーティングとして現行でもっとも多く使われているのは、A液とB液に分けられた塗料を混ぜることで硬化をはじめる「2液混合型」とよばれるものです。
有機溶剤をほとんど使用せずに施工できるため、水性塗料以外は使用を認められていない現場などでは、現在も採用されています。

×
  • 溶剤無使用・水性限定の現場で使用可
  • 磨き作業と相性が良く、多少の粗は補修できる
  • 特定のダメージに耐性が低い
  • 施工が難しく、仕上がりに安定がない
「溶剤」って、危ないの?

塗料を塗ることができるよう、溶かして液体の状態に留めておくものを「溶剤」と呼びます。 単語だけで見てしまうと、なんだか化学的な、健康に害のあるものをイメージしてしまいがちですが、たとえば水もまた、溶剤の一種ですので、むやみに怖がる必要はありません。

エコプロコートで使用される溶剤は、エタノールとメタノール。 これは、皮膚に直接つける香水で用いられているものと、まったく同じ物質です。

ワックスがけ

フローリングを守り、美しく見せるはずのものが…。

「定期的にワックスをかけて、床を大事にしよう」

マイホーム購入直後はそう考える方も多いのですが、ご自身の手で美しいフローリングを維持しようとしても、ほとんどの場合、長続きしません。実際、半年も経たずに「やはりダメだった」とエコプロコートでコーティング施工する方が、たくさんいらっしゃいます。

その理由は、ワックスがけが大変だから、面倒だから…だけとも限りません。
本来はフローリングを守り、より美しく見せるためのワックスがけですが、お金も手間もかけた挙句に、かえって床を傷め、みすぼらしく見せてしまうというケースが非常に多いのです。

ワックスがけが、フローリングにダメージを与えてしまう

ワックスがけは、まず古いワックスを剥がし、フローリングの表面をきれいに洗い出してから、新しく塗り直します。
しかし、古いワックスを剥がす際に使用する多量の水は、フローリングの天敵。

経験豊かなプロが、よほどの手際で行わないかぎり、ワックスを頻繁にかければかけるほど、この水によってフローリングに大きなダメージを与え続けてしまいます。

ワックスをかけることで、かえって美観を損なう理由

「しょっちゅうワックスをかけているのに、ぜんぜんきれいにならない…」

これは、古いワックスの剥離が不十分であるためです。
古い、酸化して黒く変化したワックスがきれいに取り除けていないと、それを新しいワックスで塗り固めてしまうことになり、ツヤは出たとしてもかえって黒ずみ、古びた見た目になってしまいます。

また、このように剥離や洗浄が十分でないと、古いワックスだけでなく、汚れや雑菌もいっしょに塗りこんでしまうことになりますので、美観の問題だけでなく、衛生上もよくありません。

想像以上の重労働

ワックスがけは、きれいに仕上げようとしたならば、非常に時間のかかる、労力の大きな仕事です。 プロ並みの技術や機材一式を持ち合わせていないかぎり、半日~1日がかりの労働になります。

また、技術はもちろんのこと、モップなどの道具もしっかりしたものを用いなければ、ムラなく、美しく仕上げることは非常に困難で、均一の厚みに塗り上げることができず、あちこちムラになってしまうケースがほとんどです。 手間も費用も大いにかけたにもかかわらず、かえって美観を損なう…という皮肉な結果になることも。

そもそもフロアコーティングとワックスって、どう違うの?

公的な、厳密な線引きは現在のところ存在しませんが、
分かりやすく区別すると、ワックスは「床を美しく見せるために塗る、乾燥すると硬化するもの」。フロアコーティングは「床を保護するために施工し、なんらかの化学的な反応で硬化するもの」と言えます。 つまり、両者はそもそも目的が異なり、硬化の仕方の違いで、できあがる塗膜の強さが大きく違います。 反面、意外に思われるかも知れませんが、樹脂成分自体は、濃度に大きな差はあるものの、物質的にはほとんど変わりません。

お手入れをしない場合

「ワックスフリー」「ノンワックス」と呼ばれるフローリングの誤解

「ワックスフリー」あるいは「ノンワックス」と称されるタイプのフローリングが、数多くありますが、これは

「ワックスをかけてはいけない」のではなく、
「ワックスをかけなくとも、一定の期間、一定の美観は保たれやすい」

という性能のことであって、ワックスがけを禁止するものでもなければ、まったく何のお手入れをしなくても、いつまでもきれいであるといった意味ではありません。
事実、フローリングメーカーのホームページなどをよくごらんいただければすぐにお分かりになることですが、こうしたフローリングについても、メーカーは自社製の専用ワックスを合わせて販売しているものです。
もちろん、フロアコーティングも問題なく施工できます。

シートフローリングって、なに?

一般的な合板フローリングの表木は、本物の天然木を使用していますが、
紙やオレフィンシートに木目を印刷して代用したのが、「シートフローリング」と呼ばれる新しいタイプのフローリングです。
本物の木を使用している従来のフローリングと異なり、自然木ならではの木目の違いや欠損などが無く、大量生産のコストパフォーマンスにすぐれています。
その反面、印刷面が剥がれる・水に弱いといった特有の弱点も持っています。

※エコプロコートは、このシートフローリングにも問題なく施工できます。

 エコプロコート株式会社
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-2 Tel.045-478-2903 Fax.045-478-2930

Copyright © フローリング・フロアコーティングのことなら【エコプロコート】 All Rights Reserved.